排水管の水漏れに気づいたら修理の依頼を!

■排水管と給水管の役割とは?

水道を使う上で必ず必要になってくるのが配管です。私たちが普段暮らす中であまり意識をしない部分かもしれませんが、蛇口を捻ったらきれいな水が出てくるのは給水管が家まで通っているためです。そして使用後の汚水をきちんと処理するところまで運んでくれる役割を持っているのが排水管です。
水のトラブルの中でも特に多いのが水漏れです。給水管から水漏れが起こると水道の使用量が増え、気づかないうちに水道代が高額になる可能性があります。また、排水管からの水漏れは汚水が流れ出ることになるため嫌なにおいがするだけでなく、衛生面でもよくありません。もし、水漏れや普段感じない悪臭、つまりなどのトラブルが発生したときや、その予兆があるときには早期に専門業者に修理、点検をお願いしましょう。

■排水管から水漏れがする原因とは?

排水管は使用していくうちに管の内側に汚れが溜まってしまったり、継ぎ目が緩くなるなど経年による劣化が起こりやすくなります。自分で触れる箇所で排水管の接続部が緩くなっている場合には、締め直したり、パッキンの交換を行うといった対応で改善される可能性があります。
しかし、壁の中など触れない範囲で水漏れの疑いがあり、それが排水管と給水管のどちらから漏れているかわからない場合には、まずは家の中の水の使用を完全に停止してみましょう。その状態で水道メーターが回っていれば給水管から、そのままであれば排水管からの水漏れの可能性が高いと言えます。こうしたケースでは業者を呼んで修理をしてもらいましょう。

■排水管のトラブルを防ぐには
排水管からの水漏れは、いつどこで起こるか予測することが難しいです。ある時突然汚水が漏れ出してしまったら、その処理にも大変な労力を使います。トラブルを防ぐためには、日頃から注意して水回りを使うことが大切です。
排水管のトラブルを予防するために、流してはいけないものや、その正しい廃棄方法をしっかり把握しておくことは重要です。トイレであれば、決められたトイレットペーパー以外は流さないということを徹底してください。水道管であれば、油などが配管内で固まる危険性があるため、油やごみなどが排水管内に流れ込まないように、普段から分離するようにしておきましょう。もし排水管のトラブルが発生したときは、24時間365日対応の専門業者に修理をお願いして、早期解決を図ることで二次被害を防げます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ