排水水漏れの対策!業者と自分で修理する方法を比較

■水が漏れる理由

排水管の接合部分に使用される部品の劣化やナットの緩みが原因で、排水部分から水が漏れることがあります。使用した水は一度トラップと呼ばれる部分に水が流れます。このトラップは一時的に水を溜めておく構造となっており、下水の臭いや害虫の侵入を防ぐ役割があります。排水口の部分にネジのように付いており、隙間を埋めるようにパッキンがついています。
使用されているパッキンは、使用期間が長くなるとゴムが硬くなって亀裂が生じてしまいます。寿命は10年から15年と言われていますが、寒冷地だとゴムの寿命はさらに短くなります。
パッキン以外のに考えられる理由は、トラップと下水管をつないでいるパイプの接続不良です。ナットを止める部分に使用されている部品が劣化することで、接続不良が起こるため、新しい部品に変えることで直ります。ただし、ホース自体の劣化が原因の場合もあります。

■業者に依頼せずに修理する方法と注意点

排水周辺の水トラブルは、パッキンや接続部分に使用されているナットを用意すれば、自力でで交換修理することも可能です。トラブルが起きている場所とその原因が特定でき、修理が必要となる場所が分かっている場合に有効となります。
トラップとパイプの接続不良については、二つを繋いでいるナットを締め直すだけで水漏れが改善する場合もあるので、緩みがないか確認しましょう。パッキンの種類をあらかじめ確認しておけば、ホームセンターで同じパッキンを手に入れることができます。
業者に依頼しないことによって、少ない費用で修理が可能です。一で方、他に原因がある場合や、修理が失敗して直す箇所が増えるといったリスクも抱えています。修理の箇所や範囲によっては、時間や費用が多くかかることもあるので気を付けましょう。

■業者に依頼して修理する方法と注意点
プロに水漏れの原因を調べてもらえば、トラブルが起きている場所もすぐにわかり、きちんと直してもらえます。無料点検や無料見積もりを利用することで、コストをかけることなく業者選びもできます。
水回りのトラブルは、複合的な要因で起こることも珍しくありません。自分では見つけられない原因も、プロの業者なら細かいところを見て修理が必要なところを見つけてくれます。
依頼するときの注意点としては、業者によって対応スピードや価格が異なっている点です。1つの業者に最初から決めてしまうのではなく、複数の業者を比較して決めることをおすすめします。信頼性が高い業者を選びましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ