給湯器の水漏れ修理はパッキンの補修なら自分でできる?

給湯器 修理は、わたし達素人では判断できないものが多く専門業者に任せる方が安心ですが、素人でも気軽に補修できる場合があります。ただ、補修する場合は給湯器に付属されていた説明書を読んで、十分に理解した上で行うことをおすすめします。

■誰でもできる交換作業

まず、素人でも補修できると言えば、パッキンの交換です。給湯器の接続部分にはパッキンが使用されておりますが、給湯器の水漏れの原因の中でももっとも多いトラブルが、パッキンに関係するものです。例えば、パッキンの寿命です。パッキンはゴムでできておりますが、年数が経過するごとに徐々に硬化し、弾力がなくなってきます。硬くなったパッキンは部品と部品を密着させることができなくなり、その隙間から水が漏れるようになります。パッキンは消耗品であるため、長く使用していると、どうしても劣化し、きつく締めてある部分が緩んでくることがあります。



■交換時に必要なもの

パッキンの交換は、そう難しいものではありません、ですが、パッキンを修理する際、プライヤードライバーなるドライバーを用意しなければなりません。ちなみに、プライヤードライバーとは、各種配管の交換作業から一般的な作業まで幅広い分野で活躍するドライバーです。柄部にはマイナスドライバーが付いているもの、缶の蓋が開けられる機能が付いているものがあり、給湯器の作業だけでなく、工事作業に利用されております。

給湯器の接続部分の水漏れに関しては、このプライヤードライバーを主に使用しますが、もし間違った使用方法をすると、ほかのパイプ等を破損させてしまうかもしれません。十分に注意して行うとともに、不安なようであれば業者に依頼しましょう。

■まとめ
パッキンのサイズが合わなければ、何にもなりません。パッキンの補修作業を行う前に、給湯器のパッキンのサイズ・種類を確認し、新しいパッキンを購入してから作業を行いましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ