水漏れの原因を瞬時に把握し補修してくれる修理業者を呼ぶ

■修理業者を呼んで対処してもらう

配管で水漏れを見つけたら、修理業者を呼ぶ前に自分で応急の補修をしましょう。業者を待っていると被害が拡大してしまうこともあるので、家の中が水浸しになる前に、可能な限り自分で補修を行います。
応急処置として水漏れが起きている部分にテープなどを貼って対処をすると、一時的に水が滴り落ちてくる状況を改善できます。そうしているうちに水道業者が到着します。
ただし、可能な限り応急処置をすることは大切ですが、自分で作業をするとかえって状況が悪くなってしまうケースも考えられます。やれないことは無理に行わず、専門知識がある水道業者のスタッフが来てから任せたほうが良いでしょう。臨機応変に対応をすることで、状況がどんどん酷くなってしまうことを防げます。

■給水管と排水管の違いを見極める

水漏れを修理するための工事は、どこから漏れているかで施工内容が異なります。水を供給する給水管では、凍結すると破裂や破損が起こり、水漏れが発生する可能性があります。また、使った水を流すのが排水管ですが、異物が詰まってしまったり経年劣化で破損してしまったりすると、水漏れが起きます。水漏れは主にこの2つの箇所から発生する可能性が高いので、どこから漏れているかを確認し、業者に見てもらってから補修工事の内容を決めてもらいましょう。
業者が到着するまで自分で修理できるところは応急処置をすると、被害を最小限に抑えることができます。日曜大工程度の作業でも、室内が水浸しになることを防げます。その状態で修理をしてもらえば、修理代金を安く抑えることも可能です。

■どこの場所で水が漏れているかで判断が変わる
自宅のどの場所で水漏れが発生しているかにより、修理をする内容が変わってきます。普段の生活の中で密接に関わってくるのがトイレとキッチンです。トイレは排水管だけでなく、ウォシュレットからも水が漏れる可能性があります。
キッチンはシンクの下の排水管などに食材や食べ物のカス、調理器具などが詰まることで水漏れの原因になります。
この他にお風呂も髪の毛や皮脂の垢などが詰まってしまったり、シャワーのヘッドから水が漏れてきたりすることもあります。
特にこの3箇所は毎日使うものだからこそ、ちょっとした異変に気づいたら、まだ大丈夫と思わずにすぐ業者へ連絡をしてください。専門スタッフに状況を判断してもらい、的確な補修を行ってもらうようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ