水漏れの修理には水栓を閉めるところから

■水を供給させないことからスタート

水漏れが起きたときは、初期対応が重要な鍵を握ります。修理をする際にも、まずは水の流れを止めなければいけません。水が流れだしている状況では、被害はどんどんと拡大してしまいます。
台所で蛇口が壊れ、水が吹き出しているとします。水道管からは圧力をかけて水が送り出されており、そのままでは止められません。待っていても水道管の中の圧力が自然に下がったりはしないため、供給を止めることでしか被害は収まらない状態です。
修理をするとしても、水圧がかかったままでは手が出せません。細かな部品が圧力に負けて飛んでくるケースもあります。どこが原因なのか調査出来ないため、水栓を閉めて水を止めてから対処方法を考えましょう。

■おおもとになる元栓

水漏れのときに、水の流れを止める水栓は2つあります。普段、水道管から水の供給を受けて設備を使っていますが、この供給源を閉めてしまう方法です。修理にも使われますが、水道管には使用量を計るメーターが取り付けられています。この隣には元栓と呼ばれる水栓があります。元栓を閉めれば、家の中にある水道すべての供給を遮断でき、確実に水を止められます。その代りに、修理に必要のない設備の水の供給まで止めてしまうことになります。
ほとんどの場合には、修理ということですべて水の供給をとめても問題はありません。被害を出している修理が最優先になるからです。しかし、長時間止めてしまうと、生活に影響が出ます。元栓は外部に取り付けられていることが一般的なため、修理の際に行ったり来たりしなければならず、手間がかかるのがネックになります。

■止水栓を閉める
元栓を閉めるのは何かと手間がかかり大変ですが、設備ごとに取り付けてある止水栓であれば、その手間を解消することができます。給水管に設置される止水栓は、設備単位で水を止められるため、水漏れしているところでコントロールできるのが利点です。設備によっては取り付けられていない場合もあるので注意しなければいけません。止水栓の大半は、ドライバーなど家庭にある、日常的に使われる道具で閉められるようになっています。固着して動かない状態もあるため、止水栓がどこにあるのか確認しながら、動くかどうかも調べておくといいでしょう。
ただ止水栓も給水管に取り付けられている部品になるため、壊れて水漏れするケースもあります。この場合には、元栓を閉めなければ修理できないことを覚えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ