水漏れ修理の場所別の補修方法

■天井の水漏れの補修方法

天井から水が漏れるのは雨漏りや上の階の水回りトラブル、水道管の損傷による水漏れなどが要因になります。新築やリフォームから年数が浅ければ、防水処理されているため、雨漏りの可能性は低いですが、築年数が経っていれば経年劣化によって雨漏りする可能性があります。マンションなどの集合住宅であれば、上階の浴室やトイレの水漏れが天井から染み出るケースもあります。
水道管の損傷は経年劣化の他、冬期の凍結、地震なども原因となります。天井の水漏れ修理は素人が補修できるものではありません。マンションであれば管理会社、戸建住宅なら修理業者に依頼してください。天井の補修が広範囲に及ぶため、修理費用が高額になりがちです。万一のために低額で加入できる火災保険の付帯サービスなどを検討することも必要です。

■給湯器の水漏れの補修方法

給湯器から水が漏れるのは内部のゴムや金属の劣化、水抜き栓のバルブのゆるみなどが要因と考えられます。また、旅行や入院などにより長期間使用しないときも水漏れしやすくなります。ゴムの劣化がもっとも多く、ゴムが硬くなり弾力がなくなると、部品との間にできた隙間から水が浸み出します。ゴムの補修や交換には給湯器を解体する必要があります。次に多いのが金属の劣化で、鋼管がサビて損傷するとパイプ交換が必要で、補修費用も高くなります。
水抜き栓はしっかり閉まっていることを確認し、必要があれば閉め直します。長期間使用しないと給湯器内部の水が凍結し、部品が破損している場合があります。その場合は修理業者に依頼するしかありません。給湯器の水漏れは水抜き栓のトラブルであっても、下手に扱うと故障の原因となるため、基本的に業者に依頼するようにします。

■配管の水漏れの補修方法
配管には給水管と排水管があり、どちらから水が漏れているのかを確認します。給水管は蛇口をひねるといつでも水が出るように、常に高い水圧がかかっているため、凍結や地震などの衝撃により給水管が破裂、損傷すると水が漏れ出します。排水管は台所やトイレなどで使用した水を排出させる配管で、排出しやすいように傾斜があり、水圧はかかっていません。排水管から水が漏れるのは詰まりや経年劣化によることが多いです。
給水管の水漏れを修理するときは最初に元栓を閉め、水の供給をストップさせます。給水管内に残った水が出続けるので、配管補修用テープをきつく巻き付けて応急処置をし、修理業者に連絡します。排水管の場合は水の使用を止めるだけで水漏れは減少します。後は排水管内の水が出てしまうまでバケツや雑巾で吸い取り、同じく補修用テープで巻いて、業者に依頼します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ