水漏れトラブルは職人に修理してもらうのが正解

■水のトラブルはいつでも起こる状態

実は目に見えないところで水漏れなどトラブルの元が進行しています。屋内であれば、キッチンや洗面所、トイレにバスといった場所、そして屋外であれば散水栓や給湯器はいつトラブルを起こしても不思議ではありません。
水道の設備は徐々に劣化していきます。耐久年数で言えば、10年を過ぎたあたりから徐々に劣化が進んでいる状態になります。トラブルは水漏れの他につまり、機器本体の故障があります。こういったトラブルは修理業者に依頼し、プロの職人による修理が必要です。
もちろん、簡単な修理もあります。自分でできるレベルのものもあります。しかし、トラブルを起こしている原因が確実に分かる方法は修理業者による点検です。見えている箇所だけでなく、他の箇所が原因になっている可能性もありますので、きちんと見てもらうのが最善策です。

■定期的な点検が重要

排水管の水漏れは、ナットの緩みやパッキンの劣化が原因の場合が多いです。こういったものはナットを締めなおしたり、パッキンを交換すればトラブルは収まります。つまりの場合は、例えばラバーカップを使ってみたり、専用の洗剤を投入したりすることで解消するケースもあります。
このように、ある程度自分で対処できるトラブルもあります。しかし、それはあくまでも応急処置だと捉えるほうがいいでしょう。
また、トラブルは劣化だけで起こるわけではありません。水道設備を設置した時点での整備不良の場合もあります。この場合は、自分で対処できる問題ではありません。修理業者に点検してもらい、職人の手でトラブルを解決してもらいましょう。

■給湯器や食洗器は職人に任せる
水のトラブルで多い水漏れも、場所によっては職人でなければ修理できないものもあります。例えば湯沸かし器や食洗器です。また、トイレの便器やお風呂場の混合栓なども知識と技術が必要になりますので、自分で修理できない箇所と言えます。
これらは自分で修理すると、逆に破損してしまったり、怪我をしたりする危険性があります。必ず専門の知識を持ったプロの職人に修理を依頼してください。その際、機器本体の保証期間を確認しておきます。保証期間内にトラブルが発生しているのであれば、無償で交換してもらえることもあります。
水のトラブルの対処は、自分でできる範囲とできない範囲がありますが、やはり自分でやるよりも職人に任せるほうがより確実と言えるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ