水漏れを自分で修理する際の注意点

■水道の水漏を修理するなら、まずは止水栓を確認

蛇口からの水漏れなどを発見した場合、修理の前には止水栓を確認し、水を止めます。
止水栓は水の量を調整したり、修理をする際に水を止めたりする役割があります。通常水は配水管から給水され、各家庭へ分配された水は元栓を通って家庭内のキッチンやお風呂場などに供給されます。
元栓のことを止水栓と呼ぶこともありますが、元栓というのは水道メーターと一緒に取り付けられている家全体の水を管理するレバーのことを指します。ここを止めてしまうと家中の水が使用できなくなってしまうため、注意が必要です。
逆に止水栓とは、それぞれの器具に取り付けられている調整器具のことを指すことが多くなります。キッチンなどはシンクしたの収納内に設置されることが多く、その場所の水だけが止められます。まずは止水栓を確認し、わからない場合に元栓を調整しましょう。

■止水栓を閉めてから作業を開始する

止水栓を止めずに水漏れの修理をはじめてしまうと、作業中に水が噴き出してしまったり、溢れてしまったりといった事態が発生するかもしれません。場所を確認して、確実に止めておくことが大切です。
止水栓にはハンドル式、ドライバー式、ネジ式など複数の種類があります。ハンドル式は回すだけで簡単に調整ができますが、ドライバー式などの場合は工具を用意し、回す向きに注意して作業を行いましょう。
水を流しっぱなしにしていると修理をする際に危険があるだけではなく、水道代も余分にかかってしまいます。また、水が流れ続けることで被害が拡大してしまうこともあるでしょう。少しでも不安に思う場合には、元栓ごと止めてしまうことが安全です。
もしも方法がわからなければ、業者に連絡してみるのも一つの手です。電話で初期対応を教えてくれるところもあるため、修理を依頼するついでに相談してみるのも良いでしょう。

■原因や種類を確認し、修理を始める
止水栓や元栓を止めた段階で、改めて水漏れの原因を確認しましょう。原因として考えられるのは、パッキンなど部品の劣化や緩み、故障などです。水漏れしている箇所が蛇口であれば、パッキンを交換するなど必要な対応を行えば自分での修理が可能です。
ただし、蛇口と言ってもいくつか種類があります。1つのレバーを上げ下げして操作するシングルレバー混合水栓、ハンドルで操作するハンドル混合水栓などです。これらの種類が異なれば、対応する内容は一緒でも、手順が異なってきます。まずは修理する蛇口がどういう種類なのかを確認し、それによって対応を変えるようにしましょう。
修理に必要な道具や部品はホームセンターなどでも購入できます。このとき、サイズ違いの部品などを購入してしまわないよう注意が必要です。蛇口の種類がわからない、修理方法を調べてみてもわからないといった場合には、速やかに水道の修理業者へ依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ