水栓の故障で発生する水漏れ修理

■水栓の種類を知っておく

水漏れが発生しやすい場所はいろいろとあるのですが、水栓も比較的多いと言えるでしょう。もし水漏れを発見したら、止水栓が締められる場合にはしっかりと締めてしまいましょう。蛇口をひねって止まれば、それだけでも問題はありません。次に水栓の種類を知ることが大切です。大きく分けても単水栓にハンドル混合栓、シルクレバー混合栓にサーモスタット混合栓があります。種類を知っておくだけでも、修理の際に業者に分かりやすく説明しやすくなるでしょう。
場合によっては自分で修理が可能な場合もあるのですが、大半がパッキンの交換となっています。パッキンは特に劣化しやすい場所のため、ホームセンターなどで予備の物を購入しておくとよいでしょう。パッキンが原因であれば交換すれば解消されます。しかし、症状が解消しない場合にはほかに原因があると予測できます。

■応急処置の方法を知る

水漏れが発生したら、まずは止水栓を閉めることが重要なのですが、どこにあるのかわからない、どうすればよいのかわからないようでは意味がありません。家によっても取り付けられている場所が異なっているのですが、キッチンの場合には、シンクの下にある収納部分に取り付けられていることが多いでしょう。マイナスドライバーなどで止める仕組みになっているタイプと、ハンドル式になっているタイプがあります。
風呂場やユニットバスの場合には、通常ハンドル式になっていることが多いのですが、必ずハンドル式になっているとは限りません。事前に場所を確認しておくこと、どうすれば止まるのかを知ることも重要です。もし止水栓の場所がどうしてもわからない、止水栓が取り付けられていない場合には、水道メーターが取り付けられている元栓を閉めてしまえば、家全体の水道を止めることができます。

■自分でも少し勉強しておく
いざというときにどうすればよいのかを知っておくことが最も重要です。いくら水道業者でも、電話をしたら数秒で来てくれるわけではありません。しかし、水が漏れていれば数秒で水浸しになってしまうので、対処法は知っておくに越したことはないでしょう。
後は排水管の繋ぎ目から水が漏れてしまうというトラブルも多いでしょう。原因を突き止めておき、修理の依頼するときには的確に伝えられるようにしておくことが大切です。そのためには自分でもある程度水道に関する知識を身につけておくことが重要になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ